昭和57年・問8

不動産の共有に関する次の記述のうち,民法の規定によれば,正しいものはどれか。(昭和57年・問8)

1.「各共有者は,共有物の全部につき,その持分に応じた使用をすることができる。」

2.「共有者の1人が,相続人なくして死亡すれば,その持分は無主の財産となり,国庫に帰属する。」

3.「各共有者は,共有者になったときから5年以内に限り,共有物の分割を請求することができる。」

4.「共有物は,他の共有者の同意がなければ,自己の持分を放棄することはできない。」

【正解】は番号の下をドラッグ

1 2 3 4
○ × × ×

解説

Next 2003/05/24 共有の過去問 (4問) 昭和59年・問5