第1回日本核医学専門技師認定_ch

問題45第1回日本核医学専門技師認定試験問題午前:択一式(1)

問題45第1回日本核医学専門技師認定試験問題午前:択一式(1)

問題45.123I-IMP脳血流定量測定のマイクロスフェア法で誤っているのはどれか。

1. 初回循環で高率に脳組織に取り込まれる。
2. 投与後早期の脳内からの洗い出しの補正が必要である。
3. 脳組織に取り込まれた後は、長時間脳内に停滞すると仮定する。
4. 脳内に入らない代謝物質の補正が必要である。
5. SPECT画像とウエルカウンタとの相互較正が必要である。

 解説は CTRL+A を押してご覧ください
 意見・解説をコメント欄よりお待ちしております
 第1回日本核医学専門技師認定試験問題

問題45.123I-IMP脳血流定量測定のマイクロスフェア法で誤っているのはどれか。

1. 初回循環で高率に脳組織に取り込まれる。
 ○:
 微小塞栓粒子(マイクロスフェア)と同様に脳内に全てとどまるものと仮定する
2. 投与後早期の脳内からの洗い出しの補正が必要である。
 ○:
 靜注後超早期の洗い出しの影響は少ないが検査はその後にするので補正が必要
3. 脳組織に取り込まれた後は、長時間脳内に停滞すると仮定する。
 ×:
 徐々に洗い出される
4. 脳内に入らない代謝物質の補正が必要である。
 ○:  オクタノール抽出で脳血流関門を通過できない水溶性代謝産物と取り除く必要がある
5. SPECT画像とウエルカウンタとの相互較正が必要である。
 ○:  :これをCCF:Cross Cariburaton Factor

美容皮膚

問題44第1回日本核医学専門技師認定試験問題午前:択一式(1)

問題44第1回日本核医学専門技師認定試験問題午前:択一式(1)

問題44.2コンパートメントモデル解析の微分方程式で正しいのはどれか。
ただし、C1(t) 、C2(t)は、時間tにおける血中放射能濃度と組織放射能濃度であり、k1およびk2は速度定数である。

img20071014.jpg
 解説は CTRL+A を押してご覧ください
 意見・解説をコメント欄よりお待ちしております
 第1回日本核医学専門技師認定試験問題

  3番:
 123I-IMPの脳血流のモデルである


マンション査定

問題42第1回日本核医学専門技師認定試験問題午前:択一式(1)

 問題42第1回日本核医学専門技師認定試験問題午前:択一式(1)

 問題42.散乱補正で誤っているのはどれか。2つ選べ。

1. TEW法ではピクセル毎の補正が可能である。
2. TEW法では収集カウントが低いと信号成分も除去される
。 3. TDCS法は視野外からの透過型散乱線にも有効である。
4. TDCS法はTEW法に比べ収集カウントの低下が少ない。
5. 散乱補正の効果判定には濃度直線性が有効である。

 解説は CTRL+A を押してご覧ください
 意見・解説をコメント欄よりお待ちしております
 第1回日本核医学専門技師認定試験問題

 問題42.散乱補正で誤っているのはどれか。2つ選べ。
従来は最高カウントに対するカットオフ法
1. TEW法ではピクセル毎の補正が可能である。
○:  従来は最高カウントに対するカットオフ法
信号成分であれば低い収集カウント値でも除去されることがない
2. TEW法では収集カウントが低いと信号成分も除去される
。  ×:
 信号成分であれば低い収集カウント値でも除去されることがない
3. TDCS法は視野外からの透過型散乱線にも有効である。
 ?:問題の意味不明です
 散乱応答関数と外部線源法で求めるもので不均一吸収体にも利用できる
4. TDCS法はTEW法に比べ収集カウントの低下が少ない。
 ?:
 低下が少ないかの特徴比較について論じた者を目にした事がない
5. 散乱補正の効果判定には濃度直線性が有効である。
 ○:
 この問題の参照本
 放射線医療技術学叢書(19)SPCT画像技術の基礎

英語翻訳

問題41第1回日本核医学専門技師認定試験問題午前:択一式(1)

問題41第1回日本核医学専門技師認定試験問題午前:択一式(1)

問題41.画像再構成法で正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 画像再構成フィルタは投影データを逆投影時に生じるボケの補正に使用される。
2. 再構成フィルタには、Ramachandran, Butterworth, Shepp-Loganがある。
3. Wienerフィルタは伝達関数が関与しない復元フィルタである。
4. サイノグラムは、投影データをサンプリング角度順に並べた画像である。
5. フィルタ補正逆投影法は、投影データの2次元フーリエ変換を用いる。

 解説は CTRL+A を押してご覧ください
 意見・解説をコメント欄よりお待ちしております
 第1回日本核医学専門技師認定試験問題

問題41.画像再構成法で正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 画像再構成フィルタは投影データを逆投影時に生じるボケの補正に使用される。
 ○:
2. 再構成フィルタには、Ramachandran, Butterworth, Shepp-Loganがある。
 △:
 Butterworthは画像改善フィルターですが・PRISMシリーズには再構成フィルターとして入っています
3. Wienerフィルタは伝達関数が関与しない復元フィルタである。
 ×:
 中高周波数域強調フィルターで伝達関数とFWHM関与してる
4. サイノグラムは、投影データをサンプリング角度順に並べた画像である。
 ○:
5. フィルタ補正逆投影法は、投影データの2次元フーリエ変換を用いる。
 ×:  一次元フーリエ変換を用いる

FXについて

問題20.第1回日本核医学専門技師認定試験問題午前:択一式(1)

問題20.第1回日本核医学専門技師認定試験問題午前:択一式(1)

 問題20.クロスキャリブレーションで誤っているのはどれか。2つ選べ。

1. PET画像での半定量を目的としたSUVを測定するために必要となる。
2. ドーズキャリブレータとPET装置との放射能測定単位を合わせる。
3. 求められる単位は単位容積当たりの放射能量(Bq/ml)で示される。
4. 放射能溶液を封入した線状線源を用いてデータ収集する。
5. PET装置の個々の検出器間の感度測定を行う。

 解説は CTRL+A を押してご覧ください
 意見・解説をコメント欄よりお待ちしております
 第1回日本核医学専門技師認定試験問題


 問題20.クロスキャリブレーションで誤っているのはどれか。2つ選べ。

1. PET画像での半定量を目的としたSUVを測定するために必要となる。
 ?」半定量? 定量するためにキャリブレーションするのでは?
2. ドーズキャリブレータとPET装置との放射能測定単位を合わせる。
 ○ 3. 求められる単位は単位容積当たりの放射能量(Bq/ml)で示される。
 ○ 4. 放射能溶液を封入した線状線源を用いてデータ収集する。
 ×:
 体積状の線源
5. PET装置の個々の検出器間の感度測定を行う。
 ?:  そうかもしれない



仮想化サーバー
記事検索
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor プロフィール
タグクラウド
タグクラウド
QRコード
QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ